得する確定申告

 

 ここでは、白色で確定申告書を作成されている(作成される予定の)方や青色申告であっても特別控除額が10万円の方に対してのページになります。


 
まず、申し上げたいことは、
税理士に料金を支払っても、その金額以上に税金が安くなるケースが多々あるということです。
 

 

 

 

 

 

 


 詳細を申し上げますと、まず、会計や税法のルールに則り青色で確定申告書を作成しますと、最大で年間65万円の青色申告特別控除が認められます。
 ただし、65万円の控除を受けるためには、会計や税法のルールに則った会計帳簿や決算書を作成する必要があり、一般の個人がご自身で65万円の控除を受けることはかなり困難です。



 
65万円の青色申告特別控除が認められた場合、仮に、所得税の税率が20%、住民税の税率が10%としますと、従来の白色申告時と比較して、65万円×30%=195,000円の節税となります。
 それならば、仮に税理士に15万円を支払ったとしても、皆様はお得になる訳です単純に195,000円−150,000円=45,000円がお得になるのではなく、税理士に支払った150,000円は費用となりますので、この事例の場合、45,000円+150,000円×30%=90,000円得することになります)。



 しかも、確定申告書をご自身で作成する手間も省けますし、また、確定申告書には税理士の印も押していますので安心です。



 
以上のメリットを纏めると、以下のようになります。


 税金の節税額の方が税理士に支払う料金よりも多額

 ご自身で確定申告書を作成しない分、手間が省ける

 確定申告書には税理士の署名・捺印がある(税務署や銀行からの信頼性が高い)

 

 
 是非、お気軽にご相談下さい。皆様からのご相談をお待ちしております。

▲このページのトップに戻る