決算予測シミュレーション

 

 法人は、決算日から2ヶ月以内に決算書を税務署等に提出し、かつ、税金を納めることになります。



 一般的に、決算書を作成するには、必要な資料を集めたり決算書を作成する時間が必要ですので、3月末が決算日ですと、ほとんどの税理士事務所では5月末にお客様とお会いし、税金の納付書をお渡しすることになります。

 
 しかし、5月末になって急に、「5月末までに納める税金は〇〇万円です」と言われても困りますよね。お金の準備ができないかもしれません。
 実際、他の税理士事務所から当税理士事務所に税理士顧問を変更されたお客様の中に、このことが理由で当事務所を選んで頂いたお客様がたくさんいらっしゃいます。



 よって、当事務所では、3月決算の場合、基本的に2月か3月にはお客様と打ち合わせさせて頂き、その会計期間における利益額や、5月末に納める税金の見込み額をお伝えしております。

 
 そうしますと、良い点が二つあります。



 まず、2月か3月時点で5月末までに納めるおおよその税金額をお伝えしますと、税金を用意するまでの期間をある程度確保できるため、資金繰りが楽になります。



 二つ目に、2月か3月時点にその会計期間の利益額や税金額をお伝えしますと、会計期間はあくまで3月末までですので、仮に利益額や税金額を抑えたい場合には、パソコンや事務所用品といった必要な物を3月末までに予め購入したり、従業員に決算賞与を支払ったりすることで、その会計期間の利益額や税金を抑えることができます。

 
 決算予測シミュレーションは、業績が良く多額の税金を納める会社や、銀行や取引先等の手前なんとか黒字を確保したい会社からとても喜ばれています。



 決算予測シミュレーションを行わない税理士事務所は数多く存在していますが、当事務所では低価格な料金の中に決算予測シミュレーション費用も含まれておりますので、ご安心下さい。

ご相談はこちらから

代表の岡本は、毎年確定申告の本を監修しています。