豊島区・池袋で低価格の税理士をお探しなら、
「岡本匡史税理士事務所」にお任せ下さい。
30代の腰の低い若手税理士が、皆様をサポートします。
<対応地域> 
豊島区・池袋、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県

03-6914-2357

豊島区池袋  岡本匡史税理士事務所
東京都豊島区東池袋1丁目17番11号パークハイツ池袋1105号
E-mail : okamotomasashi@kaigyousien.jp

会社設立料金が0円

 当税理士事務所では、お客様から会社設立の報酬を一切頂かず、会社設立を承っています(ただし、提携している行政書士の関係で、東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県での設立に限らせて頂きます)。

 当税理士事務所で会社設立を行うメリットは、以下の通りです。

 

会社設立の報酬が0円であること

税金や創業融資等を勘案して、会社設立のアドバイスが行えること

会社設立時のみならず、その後の会計・税務・助成金等も任せられること

 まず、   に関してです。
 株式会社の設立の場合、お客様には法定の実費(201,900円)のみご負担頂きます。
ご自身で会社を設立されますと、印紙代(40,000円)がかかりますので、約24万円かかります。
 つまり、ご自身で会社を設立されるよりも、約4万円お得になります。

 

 

 

 次に、   についてです。
 当税理士事務所では、創業融資や税金のことまで加味し、会社設立を行います。
 まず、創業融資との関連ですが、例えば、資本金をいくらにするのか、そして、その出資割合をどうするのか、という点があります。
 また、日本政策金融公庫の創業融資の審査の場合、資本金の一部を自己資金と認めらない事例が多々あります。
 会社設立時点において、創業融資の審査を加味していると、創業融資を受けられる可能性がとても高まるのです。

 

 次に、税金と会社設立との関係です。注意すべき点は、消費税に関してです。
 まず、可能であれば資本金は1,000万円未満にすべきです。なぜなら、1年間若しくは2年間に渡り消費税の納付義務が免除されるからです。
 また、個人事業主として開業し、その後、法人を設立する方法を取ると、2年~4年程度、消費税の納付が免除される可能性が高いです。
 会社ごとに異なりますが、1年で支払う消費税は、数十万円~数百万円にもなります。
 消費税のことも勘案しながら、法人を設立を行うことは必須です。

 

    についてです。
 当事務所では、会社設立後の会計・税務・助成金についてもサポートさせて頂きます。

 特に、会計・税務分野におきまして、料金とサービス内容には自身を持っております。
 その証拠に、当事務所のお客様が当事務所との契約を中止し、その後、他の税理士事務所と契約することはほとんどございません(恐らく、4年間で2、3件でしょうか)。

 

 一方、現在は他の税理士事務所と会計・税務に関して契約しているものの、料金やサービス内容に不満があり、当事務所と契約して下さるお客様は、毎年10件程度いらっしゃいます。

 

 この実績が、当事務所の料金とサービス内容が優れていることを証明しています。

ご相談はこちら

ご相談はお気軽にどうぞ

TEL 03-6914-2357