節税ポイント3(税金)

会社の株を複数回に渡り贈与する

 贈与税の計算は、その年の1月1日から12月31日までの1年間に受けた贈与額から110万円を差し引いた額に対して10%~50%の税率が課されます。
 
つまり、毎年の贈与額が110万円以下であれば、贈与税は発生しません。
 このことは、例えば親がオーナーを務める会社の株式を子に贈与する際等にとても有効です。相続税の対策になります。

 

ご相談はこちらから

代表の岡本は、毎年確定申告の本を監修しています。